会社設立手続き代行の流れ

弊所へ株式会社設立手続きをご依頼いただく場合の流れについてご説明いたします。

まずはご連絡下さい

まずは弊所まで電話又はメールにて依頼をしたい旨をお伝え下さい。

面談による相談をご希望の場合には初回のみ無料にて対応させていただきます。
(おおよそ1時間程度を限度とさせていただきます)

会社設立と合わせて許認可申請手続きをご依頼いただける場合は、弊所規定報酬額より割引した価格にてご対応いたします。

弊所にて対応が困難であると判断した場合は、専門的に取り扱っている同業の行政書士、又は他士業の専門家をご紹介いたします。※この場合は割引価格による業務提供ができない場合があることをご了承下さい。

面談による打ち合わせ

会社設立後に取得が必要な営業許可等がある場合は、その旨をお伝え下さい。業種により最適な設立手続き内容をご提案させていただきます。

設立のための書類作成

打ち合わせの内容に基づいて、弊所にて会社定款の他、設立手続きのための各種書類作成を行います。

作成書類への押印作業

作成した各種書類をご確認いただき、問題がなければ押印をしていただきます。

公証役場での電子定款認証

定款の電子認証手続きを行います。

資本金の振り込み作業

定款認証手続き日以降に口座へ資本金の振込作業を行っていただきます。

発起人ご自身の名義であれば、振込ではなく入金でOKです。

振込が完了しましたら、通帳をコピー(表紙・見開き1ページ目・振込明細のあるページ)のうえ、会社印にて押印いただきます。

株式会社設立登記申請

提携司法書士により法務局へ株式会社設立登記申請を行います。

設立希望日がある場合は予めお知らせ願います。

登記完了

法務局での登記が完了となり次第に、弊所にて履歴事項証明書(登記簿謄本)及び印鑑証明書の取得を行い、お客様へお渡しします。

弊所で行わせていただく手続きはここで完了となりますが、会社設立後に必要となる手続きについてアドバイス等をさせて頂きます。

ご希望のお客様には弊所提携の会計記帳・税理士・社会保険労務士等、会社設立後の手続きにかかる専門士業のご紹介が可能です。

このページの先頭へ